« 珉珉(みんみん)一口メモ(第2回) | トップページ | 工場からの便り »

珉珉(みんみん)本店ブログへようこそ

ようこそ!いらっしゃいませ!!

当ブログ(創業昭和二十八年 珉珉(みんみん)本店ブログ)は、

創業昭和二十八年より、大阪で人気の中華料理の老舗として続く、

珉珉(みんみん)の公式ブログです。

管理人の私フルミンによって運営されております。

珉珉(みんみん)本店公式ウェブページと連動しております。

あわせてご覧ください。Smallbanner_1


<珉珉(みんみん)とは>

ではまず簡単に、珉珉(みんみん)とはどんな店なのかについて、紹介していきます。

珉珉(みんみん)は、本店直営以外に、100店舗近くの支店があります。

それらの支店は、フランチャイズではありません。全てのれん分けです。

10年以上の経験を積んだコックが独立したお店なのです。

珉珉(みんみん)の店はお金では買えません。


各店舗の味が異なるのも珉珉(みんみん)の特徴です。

それは、各店の料理長が1つ1つ手作りで作っているからです。


そんな中で、各店共通しているものがあります。

それは・・・です。

餃子は、最高級落花生油、他の料理には、最高級特選胡麻油、

いずれも珉珉(みんみん)ブランドを使用しております。

その他、素材にも多くのこだわりを持っています。

例えば、たまねぎは、多くの種類の中から、

選び抜かれた淡路産を使用することを心がけ、

関西ではもちろん、手に入りにくい関東でも、関西の工場より直送で確保しております。

また、餃子の具材の1つであるにんにくを取ってみても、

青森産L2号(国産最高級にんにく)を使用しております。


このこだわりの理由は、店名珉珉(みんみん)の王偏に民の文字が示すように、

王様と民が共に満足できるような料理と価格で提供するという理念から来るものです。

だから珉珉(みんみん)なのです。



なお、珉珉(みんみん)のひらがなの利用については、

変換や読み取りができない可能性がありますので、ひらがなを利用しております。

漢字の珉珉(みんみん)があくまでの本当の店名である事をここで断ると共に、

漢字にこそ誇りを持っていることをご理解ください。

珉珉(みんみん)公式ホームページもございます。あわせてご覧になってみてください!



<管理人の紹介>

☆管理人 担当フルミン

「創業昭和二十八年 珉珉(みんみん)本店ブログ」の全てを管理しています。

更新をはじめ、コメントや感想をお書きになってくださったお客様に、

迅速に対応することを心がけております。



<珉珉(みんみん)の歴史>

先代が、大阪千日前に店を構えましたのが昭和二十八年。

当時はまだ世間に焼き餃子というものはなかったと言われています。

でも美味しいものというのは、不思議とすぐ評判になるもので、

またたく間に行列ができるようになったのです。

それから焼き餃子というものが定着してきて、

ラーメン屋さんでもみんな焼き餃子を出すようになって、

餃子ブームの火がついたのです。


珉珉(みんみん)は、うまくて、はやくて、安くてを目指して、

いつも手作りにこだわり、素材にこだわり、味にこだわり、

常においしいものを目指してがんばっています!


是非1度、実店舗にお越しください!

珉珉(みんみん)の料理を食べてみてください。

珉珉(みんみん)の社員一同、皆様のお越しをお待ちしております。


以上をもって、挨拶とさせて頂きます。ごゆっくりお過ごしください。

3月3日は年に一度の珉珉の日!!

全店で餃子半額!!

(その他粗品進呈)

乞うご期待ください!!

ようこそ!いらっしゃいませ!

|

« 珉珉(みんみん)一口メモ(第2回) | トップページ | 工場からの便り »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183048/13740796

この記事へのトラックバック一覧です: 珉珉(みんみん)本店ブログへようこそ:

« 珉珉(みんみん)一口メモ(第2回) | トップページ | 工場からの便り »